今日はカンタータ80番の冒頭の長い合唱曲「Ein feste Burg ist unser Gott 神はわれらの堅い砦」の前半を初めて練習しました。この合唱曲だけで61ページある全曲の28ページを占め、114小節、演奏時間も6分から7分かかる長大なものです。バッハの宗教カンタータでは最初の曲が長い合唱曲となっているケースが多いのですが、80番の合唱曲は長いだけでなく、複雑なフーガが壮麗な曲想で展開されています。

先ずはドイツ語の発音から小川先生が指導されました。小川先生のドイツ語は若い頃ウイーンに留学された本場仕込みのものですので、私たちのドイツ語の発音指導はもっぱら小川先生が担当されています。2行目の「Ein gute Wehr und Waffen (神は)良き守りで良き武器です」の "Wehr" は「ヴェア」と「ヴィア」の中間、むしろ「ヴィア」に近いとのこと。

ルターのコラールのテーマをテノールが歌いだし、アルト、ソプラノ、バスがそれぞれ2小節半ずつ遅れてテーマを歌いだすのですが、テノールとソプラノがコラールのテーマそのものを歌うのに対して、アルトとバスはその4度下(レに大してラ)で対旋律を歌いだします。テノールとソプラノ、アルトとバスはそれぞれ組になってスタートするものの、すぐに4つのパートがそれぞれ独自の動きをするようになり、一見バラバラに動いているようで和声進行の上では統一の取れた関係性をお互い保ちながら曲がすすむ有様は見事です。実際のところは歌う身にとっては(今のところは、としましょう)自分のパートを追いかけるのがやっとですが。

歌詞については、大まかに言って一行ごとに同じ歌詞を4つのパートが歌うのですが、フーガの場合はパートごとに旋律がずれて歌われるので、同じ言葉を別々のタイミングで発音することになり、演劇で言えばあたかも4人の人が同じせりふをバラバラのタイミングで話しているかのような印象を与えます。これがフーガを器楽ではなく、声楽で聴く面白さにつながっています。全体では「神は堅い砦だ!」と叫んでいる群衆をばらすと、ある人たちが「神は」と言っている横で「堅い」と言っている人たちがいて、別に「砦」と叫んでいる人たちもいる、といった感じです。

バッハの天才はこの一見バラバラな動きに統一された方向性を与えていることにあります。この統一感は和声進行によって与えられます。これを体感して歌うためには自分のパートだけでなく、他のパートも何を歌っているのか分かっていなければならないことになります。渡辺先生はしばしば4つのパートをひとつずつ全員に歌わせますが、それはそのためではないかと思います。

今日の練習で小川先生は「一人ひとりがお互いに『合わせる心』がなければ、いくら指揮を見ても息の合った合唱はできないよ」と指摘されました。至言ですね。自分のパートをしっかり歌いつつも他のパートに「合わせる心」を持つ。言うのは簡単ですが、実行するとなるとつい自分のパートを一生懸命追いかけることで終わってしまいがちです。考えてみれば、これは人生を生きていくうえでの叡智だな、と思ったりします。家庭や職場でのハーモニーは存外、合唱のハーモニーと同じ心構えで実現するのかもしれません。

2016/10/02 22:27

カンムジの練習は毎週土曜日の朝、10時から正午まで年末年始の一回を除いて「年中無休」です。

ですから演奏会の翌週でも次回演奏会に向けての練習が始まります。というわけで、今日の練習からカンタータ80番の練習が始まりました。

次回の演奏会は来年、2017年の9月か10月に行う予定ですが、2017年はルターが「95か条の論題」をヴュッテンベルグ教会の扉に貼りつけた宗教改革元年から500周年にあたります。「神はわれらの砦」はルターが作曲した数多くの讃美歌の中でもとりわけ有名なものですが、バッハはこの曲をもとにカンタータ80番を作曲しました。合唱、デュエット、ソロと様々な形態の曲が7曲組み合わせさってできています。

カンタータ80番で合唱団の出番は第1曲の長いフーガ合唱曲と第5曲・第7曲のコラールです。今日の練習はコラールの2曲を取り上げました。コラールはちょっと聴いただけでは簡単に聴こえるのですが、正確に歌うのはそれなりにしっかりした技術が必要です。今日の練習ではニ長調の音階を何度もしましたが、このコラールの旋律がニ長調の音階を正確にこなすことできちんと歌えるようになることが分かりました。

あとは一人一人が(隣の人に頼ることなく)自主性をもって歌うことでアンサンブルとしての輝きが出てきます。今日の練習の締めくくりは自分の隣が自分と違うパートとなるようにバラバラに立って歌いました。自分がしっかりしていないといけないのでこれは良い練習になります。

来週からは長大なフーガの第1曲を練習します。4年前の第21回演奏会で演奏しているのですが、初心に戻って取り組みたいと思います。

2016/09/25 22:59

9月17日の演奏会は心配されていた天気にも恵まれ、浜離宮朝日ホールで397名のお客様をお迎えして予定通り無事終えることができました。これもひとえに聴きに来て下さったお客様、普段から私たちを辛抱強く指導して下さる渡辺先生と小川先生、一緒に合唱部分も歌って下さるソリストの先生方、そして大西律子さんの率いるオーケストラの皆さんの温かいサポートがあってのことです。心より感謝申し上げます。
今回の演奏会で取り上げた『ト短調ミサ』と『カンタータ187番』は音楽的に共通する曲が4つありますが、そのうち1つは大がかりな合唱曲です。プログラム冒頭の「カンタータ187番」の「Es wartet alles auf dich 人は皆期待して待っています」とプログラムを締めくくる『ト短調ミサ』の「Cum sancto spiritu 聖霊とともに」が同じ音楽であるにもかかわらず、本番のステージでは前者が演奏会の始まりだったためか緊迫感のある演奏だったのに対して、後者は舞台に慣れた団員がラストスパートよろしく自由に歌っていたように感じました。これは実際に演奏会後に録音を聴いてもある程度検証できます。このあたりは普段の練習やリハーサルでは予想できない、本番ならではの現象ではないかと思います。発音の難しいドイツ語と比較的簡単で決まりきった歌詞のラテン語の違いも影響しているのかもしれません。
プログラム中間に演奏された『カンタータ134番』では徳島から私たちの演奏会のために上京された頃安先生の円熟したテノールソロと私たちの指導者、小川先生の安定感のある溌剌としたアルトとのデュエットがお客様と後ろで控える私たち団員を魅了しました。バッハの教会カンタータというと、宗教的なメッセージのせいか、どちらかというと厳かなイメージが強いのですが、こういった弾けるような明るいカンタータもあるのですね。締めくくりに私たちがお二人の先生方に唱和して最後の盛り上がりを演出できたのは幸せでした。
今回のソリストはお二人のほかに柳沢亜紀先生と山田大智先生でした。柳沢先生はいつもながらチャーミングな声質を生かされた187番のソプラノアリアを披露され、山田先生は以前にもまして柔らかさを増したビロードのようなバリトンで187番とト短調ミサの同じ曲を歌い分けられました。一流のソリストである先生方が合唱曲を私たちと一緒に並んで立って歌って下さるのは私たちの大きな励みとなります。
『ト短調ミサ』の演奏が終わり、指揮者、ソリスト、オーケストラの皆さまが退場されたあとに合唱団が残され、いざ退場という段になっても400人近くのお客様がほとんどお帰りになることなく拍手を続けてくださり、最後の合唱団員が退場しても拍手が鳴りやまなかったのには感激しました。バッハが作曲にあたって託したさまざまなメッセージが今回の私たちの演奏を通して聴衆の皆さまに少しでも届いていれば、と思います。
今週の土曜日から一年後の演奏会に向けて練習を再開します。カンムジは年末年始に一回休むだけであとは毎週土曜日の午前、休むことなく練習します。練習を見学されたい方は大歓迎です。事前にご連絡のうえお越しください。
(写真は演奏会で熱演する渡辺善忠牧師)

2016/09/20 22:45

9月10日の練習は本番前の最後の練習ということで団員の本気度はかなり増してきた感じです。もっと前からエンジンをかけるべきなのはいつもながらではありますが・・・。

 

さて、今回もカンタータ134番の合唱曲をさらってからカンタータ187番の合唱曲とコラール、最後にト短調ミサを通しでさらいました。演奏はまとまりつつあるのですが、まだどうしても細部の音程・リズム・発音の不安は否めません。
例えば、187番のコラールの出だしにあるLaesst's の「aウムラウトまたはae」をいまだに多くの団員が「ア」と発音していました。正しくは「エ」(日本語の「エ」よりは少し「ア」の近く、また口を大きく開けますが)です!

134番でバスとテノールがEr troestet und stellet ...」と歌いだすところはもっと「慰め(troestet)」をもって歌うべきなのですが、どうしても朗々と歌ってしまいます。小川先生は「滑らかに流線型の音型を意識して」と指導されていました。器楽が論理的であるのに対して声楽はイメージに基づいた感覚の芸術だな、と改めて感じた次第です。

 

今週の水曜日と木曜日はオーケストラとソリストの皆様をお迎えしてリハーサルを行います。気を引き締めていきたいと思います。

2016/09/12 20:35

9月3日の練習はランチ休憩を一時間挟んで午前10時から午後3時45分まで正味5時間近くでした。終わったら心地よい充実感がありましたが、さすがに疲れはいつもの練習の倍以上ありました。

 

冒頭の発声練習の後、ソプラノが二回に分けて小川先生の特訓を受けましたが、下記はその時のパートマネジャーさんからのレポートです。

 

小川先生ご指導によるソプラノ少人数(7名づつ)でのレッスンでは全てに共通する事として大切な4原則を改めて学びました。

①テンポ

②リズム

③音程

④歌詞(言葉)

本番2週間前の現時点では③と④は出来ていて当然。(コメント:耳の痛い話です。)

一つのフレーズを演奏する場合、次に来るハーモニーの調性(短調 長調)をもっと早く感じ取って聴き合う事。(コメント:自分のパートの音符を辿れば良いという話ではない、バッハの曲は転調が変幻自在になされるのでその流れにいかに身を寄せて乗るかで自然な演奏かどうかが決まります。)

テンポに関しては指揮者を見て臨機応変に遅れないように演奏する。(コメント:パートの出だしやカデンツで指揮者を見るとテンポに乗りやすくなります。後、ピアノの通奏低音もテンポのかなめを握ってます。)

そのためには歌詞の意味を考えて覚える。(コメント:これも普段の自習の大切さが強調されていて耳の痛い話です。)

以上の内容から各自が不安な箇所を払しょくし、歌詞の意味に会う表情で演奏するように。例えば「Gloria」の場合「栄光」の意味をもっと表情に表して演奏する。(コメント:これは善忠先生にもよく指摘されるのですが、なかなか出来ないのは歌詞の意味が本当にわかっていないからかもしれません。)

 

表情を変えるのが苦手な私達日本人がバッハを歌うためにはリズム感、言葉の意味、宗教性をもっと学ぶようにしたい。(コメント:大学時代の恩師が良く言ってましたが、文化の諸領域は有機的に繋がりあっているのが西欧の文化のあり方だ、との事。芸術はそれ自体として孤立しているのでなく、宗教、文学、社会、経済、政治と緊張感のある繋がりを保ちながら芸術としての価値を主張しているのだ、という事です。ちなみにこの先生はバッハの音楽が大好きでした。たかが表情、されど表情です。)

 

小川先生の特訓の後はト短調ミサの「キリエ」以外を善忠先生の指導で丁寧に復習し、音程に不安のある箇所を一つずつ見直して(本来これはする必要がないのですが)、最後に一時間余りかけて3曲を通して演奏しました。これだけやれば、自習すべき箇所が何処なのかは分かるはずですので、あとは団員一人ひとりの努力あるのみです。

 

来週の9月10日は最後の練習ですので、自習の成果を発揮したいものです。

2016/09/04 14:58
1 2 3

〈合唱団員随時募集中〉

新規メンバーを募集中です!

パートは問いませんが、特にテノール、バスが不足しています。

入団にはオーディションはありません。合唱の経験がなくても大丈夫です。詳しくは「入団のご案内」をご覧ください。

見学をご希望の方は事務局までご連絡ください。

練習:毎週土曜日 10:00〜12:00

日本基督教団巣鴨教会(→MAP

03-3990-3686