• カンタータ・ムジカ・Tokyoの公式サイトへようこそ!

    カンタータ・ムジカ・Tokyoの公式サイトへようこそ!

  • バッハ愛好家によるバッハを歌う合唱団です。

    バッハ愛好家によるバッハを歌う合唱団です。

  • 毎週土曜日の午前中に、巣鴨教会で練習しています。

    毎週土曜日の午前中に、巣鴨教会で練習しています。

  • 指揮者・ソリスト・合唱団と管弦楽団が一体となって活動しています。

    指揮者・ソリスト・合唱団と管弦楽団が一体となって活動しています。

  • 練習の成果は、毎年行う定期演奏会で披露しています。

    練習の成果は、毎年行う定期演奏会で披露しています。

  • 私たちと共に、バッハの音楽を奏でる仲間になりませんか?

    私たちと共に、バッハの音楽を奏でる仲間になりませんか?

  • 新規メンバーを、随時募集しています!

    新規メンバーを、随時募集しています!

  • 入団にはオーディションはありません。合唱の経験がなくても大丈夫です。

    入団にはオーディションはありません。合唱の経験がなくても大丈夫です。

  • 一流の指導者のもとにレベルアップして、「調和のアンサンブル」を目指しましょう。

    一流の指導者のもとにレベルアップして、「調和のアンサンブル」を目指しましょう。

  • 練習の見学はいつでも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

    練習の見学はいつでも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

私たちと共に、バッハの音楽を奏でる仲間になりませんか?

カンタータ・ムジカ・TokyoはJ.S.バッハの作品を中心に勉強・演奏する音楽団体であり、作品の真の意味を理解するとともにその普遍的な価値を伝えることを目的とします。

また、指揮者・ソリスト・合唱団と管弦楽団が一体となって活動し、かつ相互交流を図ることにより、演奏技術とアンサンブルの向上を目指す団体です。

毎週土曜日の午前中に練習した成果は毎年行う定期演奏会で披露しています。

 

団員は、随時募集中です!

一流の指導者のもとにレベルアップして、「調和のアンサンブル」を目指しましょう。バッハが好きな方なら、合唱経験者からはじめての方までどなたでも参加できます。

詳しくは「入団のご案内」をご覧ください。見学だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

 

第30回演奏会予定

次回演奏会はバッハの「ヨハネ受難曲」を11年ぶりに取り上げます。「ヨハネ受難曲」は当団の設立当初から大切なレバートリーであり、今回は4度目の演奏となります。ここ数年の間に迎えた仲間たちと気持ちを新たにし、本番を目指して一年間練習を重ねて行きます。

日時:2020年10月3日(土)午後1時半開演

会場:淀橋教会(JR大久保駅西口徒歩1分)

全席自由席

演奏曲目

 

J.S.バッハ(1685-1750)「ヨハネ受難曲」 BWV245 

指揮:渡辺善忠

出演柳沢亜紀(Sop)、小川明子(Alto)、兎束康雄(Ten)、浦野智行(Bass)

カンタータ・ムジカ・Tokyo 合唱団

カンタータ・ムジカ・Tokyo 管弦楽団 コンサートマスター 大西律子

第29回演奏会 無事終了!

2019年9月14日、浜離宮朝日ホールで行った第29回演奏会では約400名のお客様をお迎えして、盛況のうちに演奏会を終えることができました。皆様の温かいご支援に感謝申し上げます。

今回はシュッツ、パッヘルベルからバッハへと続く「マニフィカト」を3曲取り上げ、100年をかけて変化を遂げたドイツ・バロックの教会音楽を同じ歌詞の観点から表現し分けました。また、ソロ・ガラステージでは当団の指導者の先生方によるバッハのソロ曲が披露され、好評を博しました。 

演奏会の模様はこちらをご覧ください。http://cantatamusica.tokyo/menu

お問い合わせ








〈合唱団員随時募集中〉

新規メンバーを募集中です!

パートは問いませんが、特にテノール、バスが不足しています。

入団にはオーディションはありません。合唱の経験がなくても大丈夫です。詳しくは「入団のご案内」をご覧ください。

見学をご希望の方は事務局までご連絡ください。

練習:毎週土曜日 10:00〜12:00

日本基督教団巣鴨教会(→MAP

03-3990-3686