概要

2019/9/14 浜離宮朝日ホール

H.シュッツ「ドイツ・マニフィカト」SWV494

J.パッヘルベル「マニフィカト」ト長調

ソリストによるガラステージ(バッハ作曲)

  • カンタータ170番:小川明子
  • カンタータ21番・151番:柳沢亜紀
  • ヨハネ受難曲第34曲・カンタータ43番:兎束康雄
  • マタイ受難曲第64・65曲:浦野智行

J.S.バッハ「マニフィカト」BWV243 

 

指揮:渡辺善忠

出演柳沢亜紀(Sop)小川明子(Alto)兎束康雄(Ten)浦野智行(Bass)

pdf 第29回演奏会チラシ.pdf (2.65MB)

新約聖書の『ルカによる福音書』の冒頭に、天使ガブリエルからイエス・キリストの受胎を知らされたマリアが歓びの賛美を述べる様子が記されていますが、これが「マニフィカート」の歌詞をなしています。今回はドイツ語(シュッツ)とラテン語(パッフェルベルとバッハ)でその歌詞をたどりながら、マリアが救世主の誕生に寄せた期待と感謝の気持ちを表現することに努めました。

「マニフィカート」の歌詞は同じでも、三人の作曲家は活躍した時代が100年にまたがり、また同じドイツでも活動した地域が異なることもあって、それぞれの「マニフィカート」の与える印象はずいぶん異なります。グレゴリオ聖歌を彷彿とさせる峻厳な曲想を8声部のダブルコーラスで展開したシュッツ、イタリア音楽のように輝かしく直截な曲想のパッフェルベル、そして複雑な対位法と精妙な転調を駆使したバッハ。ドイツ・バロック音楽がシュッツからパッフェルベルを経てバッハにおいて頂点に達し、近代音楽への扉が開かれたことが実感されたかと思います。

また、今回の演奏会では柳沢先生、小川先生、兎束先生、浦野先生によるソロのガラコンサートもあわせてお届けします。ソリストの先生方は指揮者の渡辺先生とともに当団の創立以来、私たちの指導に当たってくださり、演奏会ではソロ歌唱のみならず合唱曲では団員に加わって私たちの演奏を支えて来られました。今回、バッハの著名なソロ曲を先生方の演奏でご堪能いただけたのは私たちの慶びとするところです。